クロスバイクとは?

クロスバイクとは?

気軽に楽しめるクロスバイク

クロスバイクの乗りやすい自転車

シティーサイクルよりも軽くて軽快で、でも安定感や乗りやすさも兼ねそろえたクロスバイク。ちょっと買い物に出かけたり、会社や学校への移動手段として、何時間もサイクリングを楽しんだりと幅広く自転車を使いたい方にはオススメです。
初めてスポーツバイクを始める方でも、気軽の乗って頂けるので安心してチャレンジして頂けます。

誰でも楽しめるスポーツバイク

カジュアルでも楽しめるクロスバイク

クロスバイクはシティサイクルのように安定した操作ができるので、初めてのスポーツバイクでも違和感なく今までのように気軽に乗っていただけます。ロードバイクのように前傾が深くならないので姿勢もリラックスした状態ですし、価格も比較的リーズナブルなので気兼ねなく始められます。
ちょっとした運動を兼ねて自転車通勤をしてみたり、美味しいグルメを堪能しつつのポタリングなど普段の生活にクロスバイクをプラスするとより充実したものになるでしょう。

今まで経験した事がない楽しさ

軽快で楽しいクロスバイク

クロスバイクを乗ってみるとその軽さとスピードは感動ものです。今までにない感覚でこれがあればどこでもいけてしまうのでは思うでしょう。でも、決して特別なものではなくちょっと出かけるための移動手段としてもOKですし、運動不足解消のためだったり、今まで行ったことがない町へクロスバイクで出かけるのもまた楽しいものです。
これまで感じた事がないこの感覚を味わったら、クロスバイクが生活の中心になるかもしれません。

アイテム取付してより便利

クロスバイクでサイクリング

クロスバイクには実は荷台や泥除け・スタンド・カゴなども取付けられます。スタンドを付ければ通勤通学でも困りませんし、そのままの状態でサイクリングにでかけることもでき、乗り方や必要に応じてアイテムを取り付ければより便利です。バックやカゴをとりつけられるので、買い物した荷物をはこぶこともでき、キャンプ用品を入れればロングツーリングに出かけることも可能です。自転車に取り付けるアイテムによっても、クロスバイクの使い方は無限大。

クロスバイクの快適なポイント

フラットハンドルで楽に操作

握りやすくてレバー操作も安心!

フラットハンドル

クロスバイクに付いているハンドルは真っ直ぐなものです。肩幅よりもちょっと広めのハンドルで、舵取りもしやすく安定感も高くなります。シティサイクルにも使用されていることがあり、違和感なく自転車をコントロールする事が出来るでしょう。
ブレーキや変速の操作もハンドルを握った状態で出来るので、車などが多い市街地でも安心して乗れるでしょう。

リラックスした姿勢

体への負担も少なく見通しもよい

アップライトなクロスバイク

スポーツサイクリのイメージで言うとハンドルが低く前傾がきつそうと思っている方もいるでしょう。
しかし、クロスバイクは街中でも乗れるよう前傾はきつくなくアップライト。体力や筋力が無くとも無理なく始められます。
また、上体が起きているので目線高くなり視界も広くとれるので安心して楽しめるでしょう。

ちょっと太めのタイヤ

クロスバイクの太めなタイヤで安心

クロスバイクはロードバイクに比べて太めのタイヤがとりつけられています。その分安定感や快適な乗り心地をもたらしてくれます。 また、ちょっと荒れた道や段差なのでもハンドルがとられにくくもなり、クッション性も良くなるので振動も抑えられます。 もっと、漕ぎを軽くしたいという場合はタイヤを細くすることもできるので用途によってタイヤを替えるのもおすすめです。

クロスバイクを楽しむ!

健康のために自転車通勤

クロスバイクで自転車通勤はおすすめ

なかなか仕事が忙しくて運動をする時間ない。でも健康のためには運動をしなければと考えている方は一人ではないでしょう。 そこでおすすめなのが自転車通勤。家から最寄りの駅や会社まで車や電車で行っているところを自転車に変えればそれだけでも良い運動に。 毎日渋滞や満員電車でさらされているストレスから解放され、スッキリとして気分爽快に仕事にうちこめるのでは。 運動不足解消プラス仕事効率性UPと一石二鳥の効果が期待できます。

気ままなサイクリング

クロスバイクでサイクリングは爽快

クロスバイクを乗ってみると感じる事として意外に遠くまで行けるという事。車だと駐車するところがなかったり、歩きだとちょっと遠い。そんなところこそ自転車でいくと軽快で気持ちよい気分に。
何気ない風景が新鮮に映り、風などから季節の移り変わりが感じたり素敵な一日になるかもしれません。

ポタリングで街中散策

ちょっとしたお出かけをクロスバイクで

休日にちょっとお店やスポットにクロスバイクで出かけてみてはどうでしょうか。ちょっとプラプラ自転車をのりつつ気になったお店があれば自転車を止めて入ったり、良い風景があれば写真をとったり。そんな自由気ままにポタリングを楽しむのもおすすめ。 一日でいろんなスポットをめぐることができ充実したお休みを過ごすことができますよ。

クロスバイクの選び方

予算、価格帯で決める

最初の1台に最適!10万円以下のクロスバイク

10万円以下クロスバイク

手軽にクロスバイクを始めたい方には10万以下のモデルがおすすめです。比較的街乗りでの仕様を考えられているパーツ構成になっており、タイヤは少し太めなものを履いていて安定感にすぐれ操作も無理なく行えます。ライトや鍵など必要アイテムをそろえることを考えると、これくらいの価格帯であれば負担もすくなく、且つ性能がしっかりしたクロスバイク楽しんでいただけます。スタンドや荷台を取り付ける事で通勤・通学での仕様にも便利になり、運動としても気軽に始められます。

走行性抜群!!10万円以上のクロスバイク

10万円以上クロスバイク

このぐらいの価格帯になるとサイクリング使用がメインの方におすすめです。重量が軽くなるだけでなくタイヤも少し細めになり軽快さがアップし、ギアや変速機もグレードの高いものが搭載され操作性や効率性があがり長時間のライドも気持ち良く楽しめます。 最近ではフルカーボンフレームを使用したモデルもでてきたりし、かなり軽量でロードバイクと同等レベルだったりします。でも、フラットハンドルを使用しているので姿勢も前傾がきつくなく、ロードバイクよりも気軽さが魅力です。

クロスバイクのタイプ

快適性が魅力のカーボンフォーク

快適なカーボンフォーク

最近、クロスバイクでも採用されることが多いカーボンフォーク。前輪とメインフレームをつないでいる部分をカーボン製にすることで軽くなる利点があります。ただそれだけでなく一番の利点は快適性のアップ。カーボンは細かい振動を吸収する能力があり、フォークがカーボンであれば路面からくるハンドル周りの振動を吸収。長時間のライドでの手や腕など疲労を軽減してくれます。サイクリングをメインで楽しむのであればカーボンフォークを搭載されているモデルを選べば体の負担も少く楽しめます。

悪路でも安心サスペンションフォーク

衝撃吸収サスペンションフォーク

クロスバイクにはマウンテンバイクのようにサスペンションが搭載したモデルがあります。 街中の段差ではもちろんのこと、未舗装やデコボコ道でも問題なく走れるようになっており大きな衝撃を吸収してくれます。 荒れた路面状況でもしっかりバイクをコントロールさせやすくなりますし、林道などのようにちょっとしたオフロード走行も楽しめます。 車体重量が少しおもかったり、サスペンションが沈み漕ぎ辛くなったりする場合があるので用途によって選ぶ必要があります。

しっかり効くディスクブレーキ

制動力に優れたディスクブレーキ

雨が降っている状況下ではブレーキの制動力が落ちてしまいます。しかし、ディスクブレーキであればそんな時でも抜群の制動でしっかり効きます。
雨の日でも自転車を乗らないといけない方は安心して乗って頂けます。
ディスクブレーキにはワイヤー式と油圧式の2タイプがあります。入門モデルにはワイヤー式が付いている事が多いです。後々より制動力の高い油圧式にグレードアップをするのもあり。

軽さと快適性に優れたカーボン

フルカーボンのクロスバイク

カーボンの利点として振動吸収性と軽さがあげられます。そのカーボンをフレーム全体で使ったクロスバイクであれば長時間乗っていても疲れ知らず。走行性も高くロードバイクのようなスピード感を味わえるでしょう。
また、ハンドルはフラットタイプなので操作性や安定感もあるので、ロードよりも気軽に楽しめます。ロードバイクだとちょっと不安だけど、ロングライドでも疲れず気軽に乗れるものが欲しい方にはおすすめ。
トレックでもフルカーボンのクロスバイクはありますが、パーツ類はロードと同じものをつかっているのでのちのちハンドルをドロップタイプにすればロードとして楽しめます。
ただし、カーボンの特性上スタンドなど付けられない物があるので注意が必要です。

快適なハンドルとサドル

クロスバイク快適なサドル

自転車に長時間乗っていると手のひらや腕など痺れや疲労を感じることもあると思います。道路から細かい振動が常に伝わってくるのでそれが原因だったりします。快適にサイクリングを楽しむのであれば、いかにその振動を軽減するのかが大事になってきます。グリップやサドルの形状や素材によって特性はさまざまですが、握りやすく柔らかいグリップだったりお尻の幅にあったサドルを選べば快適性はあがります。
トレックのクロスバイクにはハンドルに振動吸収素材が取り付けられ、グリップ柔らかく手の神経を圧迫しにくいものが標準で装備。サドルもパッドが厚めで幅が広いものがついており長時間のライドでも快適です。

タイヤの太さで乗り味は変わる

太めなタイヤで快適ライド

タイヤの太さで自転車の乗り味は変わってきます。スピード感や漕ぎの軽さを求めるのであれば細めのタイプ。乗り心地の良さや安定感を求めるのであれば太目のタイヤがおすすめです。また、毎日の通勤・通学で使われる方であれば、耐久性やグリップがいいものを選択すれば安心だと思います。
タイヤが細くなるとパンクしやすくなると思われがちですが、太さは関係なく大切なのは空気圧の管理です。細めのタイヤは1週間程度で適正空気圧を下回ることが有るので、より細かく空気圧をチェックする必要があります。

体に合ったサイズが大切です

まずはクロスバイクの試乗やサイズフィッティングを!

クロスバイク サイズチェック

クロスバイクにはフレームの大きさが数種類あります。 シティサイクルはホイールの大きさが変わりますが、クロスはホイール径は同じでフレーム自体の大きさがあります。しっかり自分の体格にあったサイズを選ぶ必要がありますが、小柄な方でもしっかり乗れる小さいサイズから180cmを越えるような身長の高い方向けのサイズもあり、また女性専用モデルあります。
サイズが合っていれば、しっかりサドルも漕ぎやすい高さにすることができ、乗車姿勢も無理なく乗り降りもしやすく安心して楽しんでいただけると思います。
購入する場合は、しっかり股下を測りフレームサイズを確認し試乗してみて変に体に負担が無いかなどチェックしましょう。フレームサイズの重要性もあわせてご覧ください。

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

鍵をかけている

How to 〇〇

2017/01/20

盗難されにくい自転車の鍵のかけ方

普段より手軽に実践可能な自転車の鍵の掛け方を紹介します!ちょっとした心がけで盗難のリスクを下げましょう!

冬物ウェア

最新情報

2017/01/20

秋冬サイクルウェア最終セール最大40%オフ!

最終クリアランスセールに突入!冬物ウェアやグローブなどのアクセサリー類が最大40%オフ!気になる商品はこの機会にぜひ!戸田店のおすすめ秋冬ウェアをまとめて紹介しています。

葛西臨界公園に水仙を見に行く

2017/01/15

サイクリング 荒川埼玉東京

水仙&ロウバイが見ごろの葛西臨海公園へポタリング

1月頃という寒い時期でもたくましく咲く水仙。荒川サイクリングロードからアクセスのよい葛西臨海公園にも水仙畑があるんです。ほかにも園内には梅やロウバイも花咲いていて、いち早く春の訪れが迫っていることを感じることができるスポットです!見どころの少ない冬ですが、晴れた昼間にぜひ出かけてみては?

寒いのでじっくり鑑賞というのも難しいですが、春が近づいているのを感じることができますよ♪休憩時用になにか羽織れるものを持っていくといいです~

スタッフ
宮崎早香

2016年年末のご挨拶

2016/12/27

最新情報

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。2017年は1月6日(金)より営業を開始いたします。

P1選択画面

2016/12/24

最新情報

プロジェクトワン3つのキャンペーンのお知らせ

自分だけのオリジナルバイクが手に入る、プロジェクトワン。いま、トレックジャパンではプロジェクトワン購入者を対象に豪華キャンペーンを実施しております。バイクプラスのオリジナル企画2万円キャッシュバックキャンペーンも合わせてチェックを!

プロジェクトワン2万円OFFキャンペーンは2月末まで!

  • プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • TREK2016年モデルセール開催
  • TREK(トレック)2017年モデル
  • 戸田彩湖店試乗車ラインナップ
  • お客様の声
  • シクロワイアードレコメンドショップ

ページの先頭へ戻る