フレームサイズ選びの重要性

最適なフレームサイズ選びは快適さの源

体に合ったフレームサイズで快適ライド

フィッティング ロード 

自転車を長く乗っていくうえで必要になってくるのはフィッティング。人によって身体的な特徴はさまざまで、サドルの高さやハンドルまでの距離、前傾具合など快適にライドを楽しむのであれば調整する必要があります。
しかし、そもそもフレームサイズが合っていなければそういった調整もうまくできないことも。スポーツバイクの場合サイズ展開は数種類あり、身長だけでは選ぶのは非常に難しいです。
正しい知識と技術をもつ専門店にてしっかり体の各部の角度を計測しサイズをみることが、快適なライドを楽しむためには必要不可欠です、

最適なフレームサイズで自転車もカッコよく楽しむ!

プロ選手のロードポジション プロ選手に適したポジション

プロのレースを見ているとみなきれいなフォームでカッコよく見えます。それはフレームサイズが合っており、その人に合わせてフィッティングしているからです。
プロでなくともしっかりフレームサイズが合っていれば効率的なペダリングをしつつ、姿勢も無駄に力が入っておらずかっこよくみえます。
フレームサイズが合っていないと、ハンドルが遠く腕が開きすぎていたりサドルが極端に高く前傾が深くなりすぎたりなど乗りにくそうに見えてしまいます。
しっかりかっこよく楽しむのであれば、フレームサイズ選びが重要です。

フレームだけでなくパーツにもサイズが様々

豊富なフレームサイズがあるメーカーなら安心

様々なフレームサイズ

クロスバイクロードバイクマウンテンバイクといったスポーツバイクは、一般車とは違いフレームの大きさが違ってもタイヤサイズは同じでサイズ展開もより細かく展開しています。特にサイズが豊富な一流専門メーカーは、ロードバイクにあたっては2cm刻みで展開されています。サイズが豊富なメーカーは、自分にぴったりのサイズが見つかりやすいというメリット(安心感)があります。体に対してサイズがあっておらずサドルの適正の高さが出せなかったり、ハンドルが低くすぎる、近すぎるといったトラブルを避けるためにも、フィッティングのプロフェッショナルがお手伝いをして、細かなサイズ展開の中から、あなたの体に合わせた最適なサイズをしっかり選ぶことが重要になってくるのです。

ハンドルなどパーツ類もフレームサイズに応じて異なるサイズが標準装備されている!

ハンドル ステムにもサイズがあります。

実はハンドルやステムといったパーツ類にもサイズがあります。体が大きいに人は肩幅が広い傾向にあったりすることを考慮し、一流専門メーカーはフレームサイズに合わせてハンドルなどのパーツもあらかじめ異なるサイズを標準採用していて安心です。ただ、同じサイズでも人によって腕の長さなど身体的な特徴は違う場合も多く、人によってはハンドルが遠かったり近すぎたりしてしまいます。そういったケースでは、ステムの長さを換えたりすることで調整します。また肩幅に合わせハンドルを交換したり、マウンテンバイクなどではカットしたりします。体に合わせるだけでなく、パフォーマンスアップや楽な姿勢でのるなど経験や走る目的によっても変わってくるので、パーツサイズで調整します。
完成車はあらかじめ決められた仕様でパーツがアッセンブルされていますので、ハンドルなどのサイズを変更する場合はパーツ代が別途かかりますが、パーツ類のサイズをあらかじめ体に合わせて完成車を注文できる仕組み「プロジェクトワン」というカスタムオーダーもあり、プレミアムな車体としてこちらもおすすめです。

フレームサイズ選びの流れ

ロードバイクのサイズフィッティングをご紹介!

股の長さの計測

一番最初に行うのが股下の計測。そこで出た数値と身長からサイズチャートを参考に、サドルの高さとフレームサイズを算出します。ただ身長だけでフレームサイズは決めません。
自転車はペダルをこがなければ前に進みません。しっかりとした高さをあわさなければ効率的なペダリングができないので、重要なポイントとなります。
またサドルの高さが決まらないと上半身のバランスの確認もできないので、まずは目安となるサドルの高さ、フレームサイズを確認します。

膝の角度の計測でサドル高を決定

続いて自転車をローラー台に固定し実際に漕いでいただき膝の角度などを確認します。
一旦足を止めていただき膝の位置や角度を正確に計測しサドルの前後位置や高さを確定します。
しっかりペダルに力をかけるために膝の位置がペダル軸上にくるようサドルの前後位置の調整を行います。また、人によって柔軟性の違いがあるので、体の固い方はサドル高は少し低めにし逆に柔らかい方は高めに設定します。
尚、近年自転車フィッティングも医学的なアプローチがされ、体の負担がすくなくより効率的に自転車を漕ぐ研究が進み、そこで導き出された数値をもとに計測させて頂いています。

前傾の角度の確認

サドルの高さ・前後位置が決まったら、次は上半身の計測に移ります。
腕の長さなどの体格と柔軟性や筋力を考慮しつつ、上半身の前傾角度の確認と、腕の開きの角度を確認します。
柔軟性の高い方ならばハンドルを下げ前傾が強くても問題ありませんが、初めての方や体の固い方は少しハンドルが高く近い方が最初は乗りやすいかもしれません。
この時必要であればステムの長さやハンドル幅変更をおすすめるする場合があります。
正しい姿勢がとれ問題が無ければこれによりフレームサイズが決定します。
 

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

バイクプラスHPリニューアルのお知らせ

最新情報

2017/02/25

バイクプラスのHPリニューアルのお知らせ

バイクプラスのホームページのリニューアルにともない今後の更新は戸田彩湖店のページではなく新しいホームページの方に更新情報を掲載していく予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

トレックセガフレード2017チームアパレル

最新情報

2017/02/18

2017トレックチームジャージ入荷開始

TREKのレーシングチーム「TREK Segafredo」の選手が着ているサイクルジャージ&ビブと同じデザインのレプリカジャージが今年も登場!2017年よりコンタドール選手が加わったことも話題になってます。これから随時チームデザインのアパレル入荷予定です!

ビンディングペダル

2017/02/17

How to 〇〇

初めてのビンディング!乗り方とその注意点

ロードバイクに乗っている方の多くは取り入れているビンディング。初めてのスポーツバイクだからまだフラットペダルを使っている、ビンディングにしたいがよくわからない、そんな方のために詳しく解説していきます!

わたし自身もたくさんビンディングについて学ばされていることが多いです。ぜひ参考にしてください!

スタッフ

葛西臨界公園に水仙を見に行く

2017/02/11

サイクリング 荒川埼玉東京

冬限定!川島町の白鳥飛来地へサイクリング

埼玉県川島町の越辺川では10月後半から3月まで白鳥が飛来してくるとの情報を知り気になったのでかわじま呉汁もついでに愉しむべくサイクリングしてきました。沢山の白鳥をまじかでみれ、また暖かいうどんも堪能でき満足♪

なかなか寒くてサイクリングから遠のく時期ですが、冬場だからこそ楽しめるものもありますよ!

スタッフ
宮崎啓

四方吉うどん

2017/02/10

サイクリング 荒川埼玉東京

いちごの名産地吉見町へ!女子二人冬のサイクリング

埼玉県吉見町へポタリングに行ってきました。いちご狩りスポットやいちごに因んだお土産などたくさんあり、いちごを満喫するのにもってこいな場所でした!

まだまだ旬のいちご、今回はグルメを堪能しましたがいちご狩りにも行ってみたいですね~~♪♫

スタッフ

プロジェクトワン2万円OFFキャンペーンは2月末まで!

関連リンク

自転車購入の流れ②「サイズフィッティング編」

自転車購入の流れ②「サイズフィッティング編」

モデル選びやサイズ選びからフィッティング、納車時のご説明や納車後の点検に至るまで、どのような流れで進行するのかをこちらでご紹介しています。

BIKEPLUS5つの安心その①「30日間満足保証」

BIKEPLUS5つの安心その①「30日間満足保証」

バイクプラスにご来店いただいたからには自転車選びで失敗はさせません。ここで買ってよかったと感じていただけるよう一所懸命サポートさせていただきます。

お客様の声

お客様の声

女性やご夫婦、定年を機に始められた方など、バイクプラス各店で自転車を始められたお客様の自転車ライフの楽しみ方やバイクプラスの印象を語ってくれています。

  • シクロワイアードレコメンドショップ

ページの先頭へ戻る