ヒルクライム

ヒルクライム

ヒルクライムとは

ヒルクライムの魅力はズバリ達成感!

身体を追い込む究極の楽しみ方

ヒルクライムを楽しむ

自転車は、平地をゆるゆる走っている分には、体に負担も少なく、体力に自信のない方でも楽しめる乗り物です。ただ坂を登るとなると話は別。それなりの体力と筋力、持久力、心肺機能が必要です。自転車でただただ坂を頂上まで上るのがヒルクライムです。登りは誰だって最初はキツイです。軽いギアを使っても、最初は登りきれないこともあります。それでもやっとの思いで頂上についたときの達成感は格別で、一度その爽快感を体験すると、つらかったことなんてすっかり忘れて次は登り切ってやる!と気持ちにはずみがつきます。体も心もじりじり追い込んでゴールを目指す、ヒルクライムはスポーツ自転車の究極の楽しみ方といえます。
ヒルクライムは軽量なロードバイクが圧倒的に有利なので、ハマっている人ほどロードバイクユーザーが多いです。

ヒルクライムをはじめる前に

まずは自分の実力を知る

白石峠でヒルクライム

まずは一度登ってみること。そこで少しでも楽しいと感じたり、悔しいと感じたりしたら、ヒルクライムが好きになりかけている証拠です。
登ってみると意外と登れてしまう自分がいるかもしれません。逆に、心拍数が上がりすぎてしまったり、息があがってしまったり、足をついてしまったり、ギアチェンジのタイミングがつかめなかったりと、技術的にもメンタル的にも体力的にも足りない部分が見えてくるはずです。負荷をかけても大丈夫なように徐々に体を慣らしていきましょう。心拍計を利用してペース配分や自分の運動強度の限界を知ることも大切です。
荒川周辺は平坦な土地が多いですが、埼玉県ならば物見山やときがわ町などで練習する方が多いです。

登るペースを一定に

ヒルクライムは常に一定のペースで

ヒルクライムでは常に同じ勾配で登っていくコースというのはなかなかありません。途中で急になったり、緩やかになるところがほとんどです。そこで、ペースをなるべく一定にするのがヒルクライムの秘訣。ペースといってもスピードを一定にというわけではなく、心拍数を一定にすることを強く意識します。勾配の急なところは急がず我慢を続け、勾配のゆるいところでは少しだけ頑張ってみるときついところと緩いところの具合が大体同じになります。心拍数はその指標が特に分かりやすいです。これがあるとヒルクライムの印象が全く別物に。

「ダンシング」を効果的に!

必須のテクニックです

ヒルクライムにダンシングを取り入れる

ヒルクライムをするならば身につけたいのがダンシングのテクニック。いわゆる立ち漕ぎのことですが、ヒルクライムでは加速するというよりは、乗車姿勢を変えたり、ハンドルの方にぐっと体重をかけて体全体の重みでペダルを押し込んで急坂に対応するためにダンシングを使います。坂の距離にもよりますが、ずっと座ったままの状態だとギアも軽く、なかなか進まないということも。時折、ダンシングを取り入れて効果的に使っていきましょう。ダンシングは急にやろうと思うと、うまくバランスがとれなかったりします。まずは平地でハンドルへの加重のかけ方、立ちながら漕ぐ感触を覚えましょう。

ケイデンスを意識する

足は回しつづけること

ヒルクライムにはサイクルコンピューター

ヒルクライムは平地と違いペダルと漕ぐ足をとめた瞬間に車体がストップします。ビンディングシューズを使用している場合、漕げなくなった瞬間に車体ごと転倒してしまいます。常にこぎ続けることができるように、ギアチェンジのタイミングは気持ち早く、立ち漕ぎのタイミングも急坂の途中というよりは急坂が始まる一歩手前でという具合に、もろもろを早め早めに行っていきます。
効率よくこぎ続けるためには、ペダルの回転数(ケイデンス)を目安にするのもおすすめです。一定のペースで漕ぎ続けることができるように、勾配に合わせてギアを変えながらもケイデンスは一定に保てるように意識してみましょう。サイクルコンピューターのケイデンス機能を利用するとわかりやすいです。

ヒルクライムでは軽量なほど有利

ホイールなどの機材を変える

自転車の軽量化でカーボンホイール

ヒルクライムをなるべく楽にしたいと思ったら、自転車を軽量化することが近道です。体力だけでなく機材に頼るのも十分ありです。 後輪のギアを軽くするという方法もありますが、より効果が大きいのがホイールを軽量ホイールに変えることです。登りでは車体が軽ければ軽いほど有利に働きます。同じ筋力でも車体の重さ次第で進み方が変わってきます。フレームを買い替えなくても、ホイールを変えたり、コンポーネントのグレードをあげたり、ハンドルやシートポストなどをカーボンにすることでも軽量化になります。少し値は張るパーツも多いですが実際それだけの効果はあります!

ヒルクライムイベントに参加しよう

軽井沢グランフォンドイベント参加

毎年4月~10月にかけて各地の山間部で開催されるヒルクライムイベント。プロ並みのスピードで走る方から、自転車をはじめたばかりの方まで幅広い層の方々がエントリーしています。毎年挑戦しようという方も増え、また地域振興の一環として誘致している自治体も多く、年々開催地域が増えています。人気のイベントはエントリー開始後1時間ほどで定員になってしまうこともあります。タイムを測定したり、年齢別で順位がついたりと達成感を味わえるので、イベントへの参加を目標としてヒルクライムにチャレンジしてみるのもいですね。

ハルヒル(榛名山ヒルクライム)参戦動画

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

鍵をかけている

How to 〇〇

2017/01/20

盗難されにくい自転車の鍵のかけ方

普段より手軽に実践可能な自転車の鍵の掛け方を紹介します!ちょっとした心がけで盗難のリスクを下げましょう!

冬物ウェア

最新情報

2017/01/20

秋冬サイクルウェア最終セール最大40%オフ!

最終クリアランスセールに突入!冬物ウェアやグローブなどのアクセサリー類が最大40%オフ!気になる商品はこの機会にぜひ!戸田店のおすすめ秋冬ウェアをまとめて紹介しています。

葛西臨界公園に水仙を見に行く

2017/01/15

サイクリング 荒川埼玉東京

水仙&ロウバイが見ごろの葛西臨海公園へポタリング

1月頃という寒い時期でもたくましく咲く水仙。荒川サイクリングロードからアクセスのよい葛西臨海公園にも水仙畑があるんです。ほかにも園内には梅やロウバイも花咲いていて、いち早く春の訪れが迫っていることを感じることができるスポットです!見どころの少ない冬ですが、晴れた昼間にぜひ出かけてみては?

寒いのでじっくり鑑賞というのも難しいですが、春が近づいているのを感じることができますよ♪休憩時用になにか羽織れるものを持っていくといいです~

スタッフ
宮崎早香

2016年年末のご挨拶

2016/12/27

最新情報

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。2017年は1月6日(金)より営業を開始いたします。

P1選択画面

2016/12/24

最新情報

プロジェクトワン3つのキャンペーンのお知らせ

自分だけのオリジナルバイクが手に入る、プロジェクトワン。いま、トレックジャパンではプロジェクトワン購入者を対象に豪華キャンペーンを実施しております。バイクプラスのオリジナル企画2万円キャッシュバックキャンペーンも合わせてチェックを!

プロジェクトワン2万円OFFキャンペーンは2月末まで!

関連リンク

おすすめ!絶対に必要な自転車アイテム一覧

おすすめ!絶対に必要な自転車アイテム一覧

安全に乗るための自転車グッズなど、自転車を購入した際に一緒に揃えておいたほうがよい自転車グッズをご紹介します。

おすすめサイクリング用品一覧

おすすめサイクリング用品一覧

ロングライドやヒルクライムなど、サイクリングに出かける際に装備しておいたほうがよいおすすめのサイクリング用品をご紹介しています。

お客様の声

お客様の声

バイクプラス各店で自転車を始めたお客様から頂いた声をご紹介しています。皆さんマイペースに自転車を楽しんでいます!

  • プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • TREK2016年モデルセール開催
  • TREK(トレック)2017年モデル
  • 戸田彩湖店試乗車ラインナップ
  • お客様の声
  • シクロワイアードレコメンドショップ

ページの先頭へ戻る