長距離サイクリング

長距離サイクリング|ロングライド

1日かけてじっくりサイクリング

いつもよりも長い距離をマイペースに走ればもうそれがロングライド

ロングライドに出かける

スポーツバイクを購入したらいつかは長距離サイクリングに出かけてみたくなるものです。長距離ってどれくらいのことを言うんですか?と店頭でもご質問いただくことはありますが、ロングライドといっても距離に決まりがあるわけではありません。スポーツバイクをはじめたばかりのころは10kmって遠いと感じていた方も、意外と簡単に50kmを走り切れたりします。全国でもロングライドイベントが開催されていますが、短いものであれば40~60km、長いものであれば100kmを超えるものもあります。 わざわざイベントに参加しなくても、たまの週末に1日かけて休憩や食事をはさみながら、いつもよりも長い距離をマイペースに走ればもうそれがロングライドです。体力をつけていけば、誰でも長距離を走りきることができるはずです。
楽して距離を伸ばすならロードバイクがおすすめですが、自分なりのロングライドは、ロードバイククロスバイクMTB、車種は何んでも楽しめます。

長距離サイクリングを楽しむために

1、無理せず少しずつ距離をのばす

スポーツバイクに体を慣れさせる

無理のないペース配分がロングライドでは大事

スポーツ自転車を買ってすぐにロングライドに出かけよう!と思っても、スポーツバイクに慣れないうちはオーバーペースで走ってしまったり、重たいギアを使い続けて、すぐに体が疲れてしまったり。たとえ走りきれたとしても、次の日すごい筋肉痛になったり辛さだけが残ると次にチャレンジしたいと思えなくなってしまいます。
まずは50kmを目標に走ってみて、ギアの切り替えのコツやどれくらいの速度が出るのかなど、無理せず走れるペースをつかむことが大切です。100kmを走りきるには適度に休憩をしたり、軽めのギアで足を温存したり、アップダウンでこまめに変速をしたりと、走行にも少しコツがあります。体力づくりもかねて少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

2、走る以外の楽しみをプラスするともっと楽しい

グルメを堪能したり、景色をみたり

グルメを満喫

当然ですが100kmを自転車で走るにはそれなりの時間がかかります。時速20kmでも単純計算で5時間。ずーっと単調に走りつづけるのは精神的につらいものです。ロングライドでは途中休憩をこまめに入れていくことになります。真夏であれば30分に1回、それ以外でも1時間に1回くらいはこまめに休憩したいものです。走るルートを決める際に、この景色を見たい、地元の名物を食べられるお店があるからそこへ行こう、など自転車で走ること以外の目的をプラスすると、メリハリもつきます。ロングライドは一人でもなにかと出会いがあって楽しいです。誰かと走るとペースが落ちにくく、会話が楽しいというのはもちろんですが、同じ100kmの距離も一人より楽に走破できます。

3、事前にルートは考えておく

ロングライドの目的地やルートを作成する

100kmを走るといってもサイクリングロードを中心に走るのか、都市をめぐるように市街地を走るのか、里山を走るのかで、アップダウンの有無や実際の走行時間は変わってきます。途中で道に迷ったり、見どころを盛りだくさんにしすぎても、思いのほか時間がかかって日が暮れてしまうこともあるので事前のルート作成は大事です。
最初はサイクリングロードをメインにルートを作成するとわかりやすく、信号も少ないため安心です。サイクリングコースが紹介されている本やウェブサイト、地域のガイドブックを参考にして目的地を決めていくのもいいですね。すべての行程を自転車で行かなくても、帰りは電車で輪行するのもおすすめです。

4、ロングライドの装備をととのえる

パンクなどのトラブルに備える

パンク修理セット

ロングライドでは最低限のトラブルにそなえた装備をととのえることも大事です。サイクリングルート上に自転車屋さんがない場合のほうが多く、またパンクなどのトラブルがいつ起こるともわかりません。パンクをしたらその場で直して帰って来られるように、パンク修理グッズは必ず持参しましょう。バイクプラス戸田彩湖店ではチューブ交換講習会等、いざというときに役立つノウハウをお伝えする講習会を開催しております。一度覚えてしまえば難しいことはありません。
急な天候の変化にも対応できるようウィンドブレーカーや雨具を持参したり、長距離でも背中のムレを抑えて疲れにくい自転車用のバックパックを使ったりウェア関係にも気をつかうとさらに快適に楽しむことができるものです。
装備については絶対に必要な自転車アイテムおすすめサイクリング用品もご覧ください。

5、こまめに水分とエネルギー補給

補給食を携帯しましょう

水分補給は1年を通じてこまめに行うようにしましょう。夏場は熱中症のおそれもあるので、吸収のよいスポーツドリンクタイプがおすすめです。甘さを抑えたもののほうが口のなかのべたつきが少なく、長時間飲み続けることができます。サイクリングロードなど走る地域によってはコンビニや飲食店もとても少なく、ドリンクや補給食がほしいときに入手できないということもあります。いざというときのために補給食を持参することをおすすめします。ゼリーや液体タイプで走行中でも喉の通りがよいものから、ヨウカンやソフトクッキーのような食べ応えのある固形タイプなど、種類の違うものを用意すると食べ飽きません。無理ないペースで自転車をこいでいても、それなりにカロリー消費します。こまめな補給でエネルギー切れを防ぎましょう。
装備については絶対に必要な自転車アイテムおすすめサイクリング用品もご覧ください。

全国のロングライドイベントに参加する

年間通じて全国各地で開催されています

ロングライドイベントに参加したときの様子

毎年4月から11月頃にかけて全国でロングライドイベントが開催されています。サイクリストならば一度は走ってみたい「しまなみ海道」や、沖縄の早春の海沿いを走る「美ら島センチュリーライド」、東北最大のサイクリングイベント「ツール・ド・東北」など全国各地で距離もコースもさまざま!関東近郊でも千葉や栃木、群馬などで開催されています。ロングライドイベントは、同じようなペース、同じような経験値の人がたくさんいるので、150kmというちょっと長いなぁと思う距離でも無理なくあっというまに走りきれるものです。地元のグルメがエイドステーションで食べられたり地域一帯が盛り上がる様子も楽しいですよ!

志賀高原ロングライド参加動画

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

鍵をかけている

How to 〇〇

2017/01/20

盗難されにくい自転車の鍵のかけ方

普段より手軽に実践可能な自転車の鍵の掛け方を紹介します!ちょっとした心がけで盗難のリスクを下げましょう!

冬物ウェア

最新情報

2017/01/20

秋冬サイクルウェア最終セール最大40%オフ!

最終クリアランスセールに突入!冬物ウェアやグローブなどのアクセサリー類が最大40%オフ!気になる商品はこの機会にぜひ!戸田店のおすすめ秋冬ウェアをまとめて紹介しています。

葛西臨界公園に水仙を見に行く

2017/01/15

サイクリング 荒川埼玉東京

水仙&ロウバイが見ごろの葛西臨海公園へポタリング

1月頃という寒い時期でもたくましく咲く水仙。荒川サイクリングロードからアクセスのよい葛西臨海公園にも水仙畑があるんです。ほかにも園内には梅やロウバイも花咲いていて、いち早く春の訪れが迫っていることを感じることができるスポットです!見どころの少ない冬ですが、晴れた昼間にぜひ出かけてみては?

寒いのでじっくり鑑賞というのも難しいですが、春が近づいているのを感じることができますよ♪休憩時用になにか羽織れるものを持っていくといいです~

スタッフ
宮崎早香

2016年年末のご挨拶

2016/12/27

最新情報

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。2017年は1月6日(金)より営業を開始いたします。

P1選択画面

2016/12/24

最新情報

プロジェクトワン3つのキャンペーンのお知らせ

自分だけのオリジナルバイクが手に入る、プロジェクトワン。いま、トレックジャパンではプロジェクトワン購入者を対象に豪華キャンペーンを実施しております。バイクプラスのオリジナル企画2万円キャッシュバックキャンペーンも合わせてチェックを!

プロジェクトワン2万円OFFキャンペーンは2月末まで!

  • プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • TREK2016年モデルセール開催
  • TREK(トレック)2017年モデル
  • 戸田彩湖店試乗車ラインナップ
  • お客様の声
  • シクロワイアードレコメンドショップ

ページの先頭へ戻る