輪行旅行

輪行サイクリング

輪行とは?

電車などの交通機関に自転車を持ち込むこと

輪行のイメージ

いつも自宅出発だとサイクリングコースも定番になりがち。1日で走る距離には限界があります。サイクリングの行き先がまんねり化してしまったら、次のステップとして輪行ができるようになることをおススメします。輪行とは、自転車を電車などの交通機関に積み込んで、遠方まで自転車をもっていくこと。スポーツバイクは前輪と後輪を工具なしで取り外すことができるため、持ち運ぶ際には意外とコンパクトに収納できます。
旅先に自転車をもっていくのもよし、いつか走りたいと思っていたサイクリングロードを走るために輪行するのもよし。いつもと違う道をサイクリングしに出かけてみませんか?新鮮な景色と食べ物、ワクワクする体験が待ち受けているはずです。

輪行袋に入れてホームで電車を待つ

たまにサイクルトレインといって、そのまま自転車を積み込むことができる列車が走る路線もありますが、イベントに合わせての臨時列車だったり、予約制だったり。基本的には、自転車を電車に積み込む際には、専用の輪行袋に入れなければなりません。輪行袋に入れれば、女性の方でも肩に担いで持ち運びができるくらいの荷姿になります。車輪の脱着方法さえしっかりマスターしておけば輪行は誰でもできるようになります。重量の差はありますが、ロードバイクでもクロスンバイクでも車種は関係なく輪行はできます。

輪行でそろえたいアイテム

輪行袋とエンド金具

必要な輪行グッズ

輪行をする前に必ずそろえるべきアイテムが輪行袋。前輪と後輪の両方を外して入れるタイプが一般的です。メリットは袋に収納したときにコンパクトになるため、電車などに積み込む際にも他の方の迷惑をかけるのを最小限に抑えます。前輪だけを外すタイプは収納がとにかく簡単で時間の短縮はできますが、少し荷姿が大きいというデメリットはあります。後輪を外すタイプの輪行袋を選んだら、エンド金具も絶対に必要です。リアディレーラーやその周辺のフレームが運搬中に破損しないようにするためのものです。輪行袋とエンド金具はマストアイテムです。

汚れや傷を防ぐもの

作業のコツ

輪行をしようと思ったら、ある程度の傷や汚れは覚悟してください。輪行袋に収納する際や、袋に入れた後に持ち運ぶ際に、外した車輪とフレームがぶつかって塗装がはがれてしまったり、チェーンがダラリと垂れ下がってフレームが汚れたり、作業中に手や衣服が汚れてしまう可能性があります。
それが嫌だという場合には、フレームカバーやギア周りにするフリーカバー、チェーンカバーなど、フレームの保護カバーをうまく活用することをおすすめします。またチェーンなどはオイル汚れのため、一度衣服につくとなかなか落ちません。作業時には軍手をしたり、手をふくためのウェットティッシュなどを携帯しておくと便利です。

輪行のマナー

積み込む場所

特急車両の座席後ろスペースへ自転車を入れる

袋に入れても自転車は自転車、大きな荷物ということに変わりありません。かさ張るため電車での置き場や乗る車両には気を使います。注意点としては、混雑する時間帯や路線は避ける。比較的乗車する方が少なく、スペースに余裕のある最前車両や最後尾車両に乗る。新幹線や特急列車の場合は通路の妨げにならない場所に置く。車両のなかで一番後ろの座席のスペースがあいていたらそこに差し込むのもベターです。運行会社や路線によってはそもそも持ち込みできない場合もあります。前もって確認をおすすめします。

輪行袋に入れる作業をする場所

駅前での輪行作業シーン

電車の中だけではなく、輪行袋に自転車を収納する際にも場所どりには気を使います。便利だからといって改札に近い人通りの多い場所は迷惑になってしまいます。また、輪行袋に入れる際には前輪と後輪を外すため、車体が不安定になりがちです。なるべく平らな場所で、風の強い屋外を避け、壁などの近くで行うことをおすすめします。
ヘルメットやボトル、ライト類など自転車から外したものをその場に置き忘れないように、最後のチェックもぬかりなく!いざ出かけた先でないと困るものばかりです。

サイズ規定

輪行袋の大きさ

鉄道会社によっては持ち込みのできる手回り品にサイズ規定がある場合があります。たとえばJR東日本では、電車に持ち込み可能な手回り品としては、3辺の最大の和が250cm以内であること、長さ2mを超える物品の持ち込みはできないという決まりがあります。とくに自転車については解体して専用の袋に入れたものは無料での持ち込みが許可されています。
輪行袋を使って電車に持ち込むというのは日本独自の文化。荷物は大きいし形も不安定でほかの乗客のみなさまの迷惑になりがちだからこそ、最低限のマナーを守って輪行を楽しみたいものです。

おすすめ輪行スポット

ホノルルセンチュリーライド

バイクプラス戸田彩湖店スタッフ厳選!輪行で行きたいor行ってよかった場所のまとめ。随時更新予定。
電車での輪行をメインに紹介してきましたが、実はフェリーや飛行機などに乗せることもできます。輪行ができるようになれば離島にも、海外のライドイベントにも参加できるのです。自転車を持っていったら旅先での行動範囲も広がるかも!計画をたてるだけでワクワクします!

古都金沢ポタリング

合掌造りの白川郷へサイクリング

北陸新幹線に乗って、小京都として栄える金沢をポタリング。町並み散策をしたり、少し足を延ばして合掌造りで有名な白川郷までロングライドをしたり、絶景を求めての輪行旅!

伊豆半島

伊豆半島で河津桜

海と山を両方とも堪能できるのが伊豆半島。とくに温暖な気候で年間通じてサイクリングを楽しむことができます。春は菜の花、秋にはコスモスなど花も多く、海鮮系のグルメもたくさんあります。アップダウンはありますが厳しい峠があるわけではないのでロングライドを楽しむのにオススメです。

宇都宮

宇都宮餃子グルメライド

餃子を食べに宇都宮へ。埼玉からなら電車でのアクセスがよい場所です。大谷資料館という採石場跡が神秘的でオススメ!!ジャパンカップというサイクルロードレースが開催される街で、そのコースを走ってみてもいいですね。

離島に行く

離島でサイクリングをしたい

フェリーは運賃を支払えばそのまま自転車を乗せられる場合もあります。もちろん輪行袋を使用しないとダメな場合もあります。たとえば竹芝桟橋から出ているフェリーで伊豆大島へ!島一周をするのもいいですし、海の幸を堪能するのも、三原山を登ってみるのもいいですね!佐渡島や淡路島、沖縄などにももちろん行けます!

輪行講習会のご案内

戸田彩湖店では定期的に輪行袋の使い方講習会を開催

輪講講習会の様子

輪行をするためには、まずは車輪の着脱ができるようにならなければなりません。また輪行袋に入るように自転車の荷造りをしなければなりません。慣れてしまえば15分くらいでささっと終わるのですが、持ち運びの最中に袋のなかでガタつかないようにうまく持ち運ぶにはコツがあります。 バイクプラス戸田彩湖店では輪行袋の使い方の講習会を定期的に開催しています。袋への収納の仕方だけでなく、輪行した際の注意点などもお伝えしています。分からないことはお気軽にご相談ください。

輪行に役立つ動画紹介

車輪の外し方とはめ方はこちらの動画をご覧ください

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

鍵をかけている

How to 〇〇

2017/01/20

盗難されにくい自転車の鍵のかけ方

普段より手軽に実践可能な自転車の鍵の掛け方を紹介します!ちょっとした心がけで盗難のリスクを下げましょう!

冬物ウェア

最新情報

2017/01/20

秋冬サイクルウェア最終セール最大40%オフ!

最終クリアランスセールに突入!冬物ウェアやグローブなどのアクセサリー類が最大40%オフ!気になる商品はこの機会にぜひ!戸田店のおすすめ秋冬ウェアをまとめて紹介しています。

葛西臨界公園に水仙を見に行く

2017/01/15

サイクリング 荒川埼玉東京

水仙&ロウバイが見ごろの葛西臨海公園へポタリング

1月頃という寒い時期でもたくましく咲く水仙。荒川サイクリングロードからアクセスのよい葛西臨海公園にも水仙畑があるんです。ほかにも園内には梅やロウバイも花咲いていて、いち早く春の訪れが迫っていることを感じることができるスポットです!見どころの少ない冬ですが、晴れた昼間にぜひ出かけてみては?

寒いのでじっくり鑑賞というのも難しいですが、春が近づいているのを感じることができますよ♪休憩時用になにか羽織れるものを持っていくといいです~

スタッフ
宮崎早香

2016年年末のご挨拶

2016/12/27

最新情報

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。2017年は1月6日(金)より営業を開始いたします。

P1選択画面

2016/12/24

最新情報

プロジェクトワン3つのキャンペーンのお知らせ

自分だけのオリジナルバイクが手に入る、プロジェクトワン。いま、トレックジャパンではプロジェクトワン購入者を対象に豪華キャンペーンを実施しております。バイクプラスのオリジナル企画2万円キャッシュバックキャンペーンも合わせてチェックを!

プロジェクトワン2万円OFFキャンペーンは2月末まで!

関連リンク

おすすめ!絶対に必要な自転車アイテム一覧

おすすめ!絶対に必要な自転車アイテム一覧

安全に乗るための自転車グッズなど、自転車を購入した際に一緒に揃えておいたほうがよい自転車グッズをご紹介します。

おすすめサイクリング用品一覧

おすすめサイクリング用品一覧

通勤通学もそうですが、サイクリングに出かける際に装備しておいたほうがよいおすすめのサイクリング用品をご紹介しています。

おすすめ自転車用バックパック

おすすめ自転車用バックパック

輪行先でのロングライドや旅的要素が強い場合はカメラやレインウェアを携帯したりするため、バックパックを利用するのがおすすめです。

  • プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • TREK2016年モデルセール開催
  • TREK(トレック)2017年モデル
  • 戸田彩湖店試乗車ラインナップ
  • お客様の声
  • シクロワイアードレコメンドショップ

ページの先頭へ戻る