2017/02/17

初めてのビンディング!乗り方とその注意点

How to 〇〇

普段のライドが大きく変化!

ビンディングで走る

 自転車にビンディングを導入するだけで今までの走りが大きく変化します。フラットペダルで得られなかった漕ぎやすさとスピードの出しやすさ、それにペダルの回転効率も上がるため長距離でも無理なく走ることができます。
 ただ、ペダルとシューズを固定して走るものなので慣れないうち、上手く外せず転倒してしまったなどのデメリットもあります。バイクプラスでは、各種フィッティングメニューを用意しているため安心してビンディングを始めて頂けます。

ビンディングの種類

ビンディングペダル

ビンディングペダル 各メーカー様々なペダルを出しています

ビンディングペダルは走行を重視したタイプやトレッキングに向いたタイプなど様々なライドスタイルに合わせて選ぶことができます。また、外れにくいのが怖い、足に力を入れにくい、という方にはバネの固定力が弱く外れやすいペダルもあります!

ビンディングシューズ

シューズとクリート ビンディングにする場合は互換性に注意!

 ビンディングシューズにも用途に沿った特性があり、走行性能や歩行性能などそれぞれ長けているものがあります。また、シューズにはペダルと固定するための金具(クリート)を取り付けるのですが、これにも種類があるので、使いたいペダルのクリートと互換性があるかどうか確認も必要です。 

ビンディングの注意点

ビンディングを装着した時の乗り方を紹介します。慣れないうちはひとつひとつ安全に乗れるように確認しながら乗りましょう!

漕ぎ出しからビンディングをはめるまで

片足で漕ぎ出す

 ビンディングを装着し、漕ぎ出すときは必ず片方をしっかりはめてからにしましょう。片方でもはまっていれば片足で漕ぐことは可能ですし、何よりビンディングペダルは滑りやすいので両方とも付いていない状態で走るのは非常に危険です。慣れないうちはしっかりと安全を確保しつつ漕ぎ出しましょう。
 また、漕ぎ出してからもう片方をはめる場合はある程度のスピードを維持し、車体が安定してからにしましょう。低速の自転車はバランスが取りにくくなり転倒の原因になりかねません。

走行中

夜の道路

走行中はさまざまな危険を伴います。自転車事故の8割は対自動車によるものですが、曲がり角などの視界の悪い場所や相手から見えづらいだろうと思われる場所では細心の注意を払っての運転を心がけましょう。自分の事が見えているだろうという慢心も事故に繋がる原因になるため、しっかりとアイコンタクトを取ったり道を譲ったりとお互い思いやりの気持ちを持つことも大切です。

停車時

車体をななめにする

停車時にどんな理由であれ立ちゴケをしてしまったという方は多いのではないでしょうか。重心を反対にかけてしまった、横風に煽られてしまった、ビンディングの脱着が上手くいかなかったなど様々な要因があります。慣れたときでも気を抜くと立ちゴケしてしまうということもあるので、停車時は写真の通り車体を斜めに向けるなど、倒れない工夫をしましょう。

立ちゴケを防ぐための注意点!

①外す足を決めておく

片足外しておいて停車する

ビンディング付け初めにありがちなのですが、どっちを外すか迷っているうちに減速→バランスを崩して転倒のパターンがあります。なのであらかじめどちらの足を外すかは決めておき、信号が見えたらサッと外してしまうようにしましょう。ペダルを下に持ってきた状態が足に力が入りやすいので容易に外すことが出来ます。

②重心のかけ方

車体をななめにして止まる

停車中や減速して曲がろうとした時など重心が片方に向くシチュエーションはたくさんあります。特に停車中は重心が反対側に向くことが多いので、足を置くときはなるべく車体から離して、そして上記でも説明したように車体を傾けるなどのちょっとした工夫が立ちゴケを防いでくれます。

③小回りに注意

片足をついてUターン

停車中の立ちゴケと同じくらい耳にするのは、Uターンしようとしての立ちゴケです。もともとロードバイクは小回りしにくい乗り物ですが、ビンディングで足が固定されていることによりさらにバランスが取りづらくなったり重心のかけ方を誤ったりすることで立ちゴケに繋がります。なので慣れないうちの無理なUターンは控えるようにしましょう。また、砂や砂利の上なども滑りやすくなっているため路面状況にも気を付けましょう!

最後に

初めてビンディングに立ちゴケ、転倒は付き物です。それで怖い思いをする場合もありますが、慣れてしまえばどのようなシチュエーションで転びやすいのか、どのように対策を取るべきなのかというのが分かってきます。たくさん自転車に乗ってビンディングの経験値を増やしていきましょう!
転んでしまった場合、心配なときはいつでも点検に持ってきてください。いつでもお待ちしております!

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

ビンディングペダル

How to 〇〇

2017/02/17

初めてのビンディング!乗り方とその注意点

ロードバイクに乗っている方の多くは取り入れているビンディング。初めてのスポーツバイクだからまだフラットペダルを使っている、ビンディングにしたいがよくわからない、そんな方のために詳しく解説していきます!

わたし自身もたくさんビンディングについて学ばされていることが多いです。ぜひ参考にしてください!

スタッフ

25Cのタイヤ

How to 〇〇

2017/02/10

25C、23Cタイヤの違いって何?

最近よく25㎜幅のタイヤが良いといわれていますが、一体なにが良いのか23㎜のものとの違いは何かそんな疑問にスポットを当ててみました!

25Cのタイヤはメリットもたくさん♪一度使うとクセになります!

スタッフ
宮崎啓

鍵をかけている

2017/01/20

How to 〇〇

盗難されにくい自転車の鍵のかけ方

普段より手軽に実践可能な自転車の鍵の掛け方を紹介します!ちょっとした心がけで盗難のリスクを下げましょう!

全国各地の自転車にちなんだお土産

2016/12/23

How to 〇〇

サイクリストにおすすめのお土産・お守り編

全国各地の神社仏閣で授かることのできる自転車関連のお守りをまとめて紹介!自転車好きのアノ人へのプレゼントにぜひ!お出かけの際の参考にしてみてください。

長期休暇をもらったときのスタッフへの手土産をまとめてみました!探すといろいろあるものです。

スタッフ
宮崎早香

アメリカンバルブ(米式バルブ)の空気の入れ方

2016/11/25

How to 〇〇

米式バルブ(シュレーダー/アメリカン)の正しい空気の入れ方

スポーツバイクは、空気入れや空気圧などがシティサイクルとは異なります。正しい知識を身につけていつでも快適に乗れるようにしましょう!
今回は米式バルブ(シュレーダー/アメリカン)の空気の入れ方のご紹介です。

プロジェクトワン2万円OFFキャンペーンは2月末まで!

関連リンク

メンテナンス講習会のスケジュール

メンテナンス講習会のスケジュール

店内講習会のスケジュールはこちらでご確認ください。チューブ交換や輪行袋の使い方などは大変人気ですぐに定員になりますので、ご予約はお早めに各店まで!

乗車前点検を習慣に!

乗車前点検を習慣に!

命に関わるモノだから日頃からメンテナンスをし乗車前に安全に使用できるかを確認しましょう。気になる点はバイクプラス各店へお気軽にお問い合わせください。

メンテナンスにもチャレンジ!

メンテナンスにもチャレンジ!

日頃からご自分でできるメンテナンス作業をこちらでご紹介しています。動画でもご紹介していますので、チャレンジしたい方は是非ご覧になってみてください。

パーツ類の消耗具合も点検しよう!

パーツ類の消耗具合も点検しよう!

マメなメンテナンスに加え然るべきタイミングでの消耗品の交換が大切。消耗パーツの交換を怠ると他のパーツの消耗を促進したり事故につながる場合もあります。

自転車と一緒に揃えておきたい自転車必需品

自転車と一緒に揃えておきたい自転車必需品

安全に乗るための自転車グッズなど、自転車を購入した際に一緒に揃えておいたほうがよい自転車必需品をご紹介します。

おすすめサイクリング用品一覧

おすすめサイクリング用品一覧

通勤通学もそうですが、サイクリングに出かける際に装備しておいたほうがよいおすすめのサイクリング用品をご紹介しています。

  • シクロワイアードレコメンドショップ

カテゴリ

お知らせ

最新情報

自転車本体や自転車用品などの旬なアイテム、注目のアイテムのご紹介や展示会速報など。ホットな話題をお届け。

How to 〇〇

How to 〇〇

思わず「へ〜」と言いたくなる!?覚えておきたい、知っておきたい自転車関連のハウツーモノをご紹介。

地元自転車散歩

自転車散歩(ポタリング)を通じて発見した戸田・武蔵浦和・彩湖周辺の魅力や地域の情報。

サイクリング 埼玉・荒川周辺

サイクリング 荒川埼玉東京

ロードやクロスに乗って荒川サイクリングロードを中心に都内や埼玉でサイクリングに出かけた際の様子をご紹介。

輪行サイクリングブログ

輪行(電車+自転車)

輪行袋に自転車を入れて電車などの交通機関で出掛けた、滅多に行けないロケーションでのサイクリングブログ。

ロングライド&ヒルクライム

ロングライド&ヒルクライム

ロングライドやヒルクライムのブログです。イベントやレースに参加したレポートもこちらに。

ページの先頭へ戻る